会津若松ザベリオ学園 -学ぶ力は、生き抜く力だ。-

高等学校-学力も、心身も、大きく伸ばす学園生活。-

激動の時代です。あらゆる価値観が目まぐるしく変わっていきます。
これからは、変化の中でも生き抜く力を持った人々の時代かもしれません。
生き抜く力とは、未来を切りひらくための英知を学ぶ力。
私たちはこの考えのもと、学ぶ力を備えた人間の教育に取り組んでいます。

本校の特色

建学の精神

「一人一人の子どもたちが、かけがえのない存在として神様に愛されていることを教育を通して世界中の子どもたちに知らせたい」という無原罪聖母宣教女会の創立者デリア・テトロの思いから設立されました。本学園は「デリア・テトロの意志」に基づいて、次のことを実践します。

教育理念
自分の才能を十分に生かす教育によって、この世界への関心を広げ、自然・文化・歴史のうちに潜む業に感動し、一人一人が生かされている現実に感謝できる人材を育成します。
教育精神
  • ○聖母マリアと聖フランシスコ・ザベリオを学園の守護の聖人と仰ぎ、清く、明るく、強い心の持ち主を育てます。
  • ○本物に触れて、永遠絶対なものに対する関心と意欲を呼び起こし、深い感動体験ができるようにします。
  • ○人と関わることによる学び合いを大切にし、ひとりひとりの存在価値を認め合って共に創造し、努力する喜びを味わえるようにします。
教育目標
  • ○すべての学園生活を通じて、常に、よく見、よく聴き、進んでよく学びながら深く考える力 と善悪を正しく見分ける力を育てる。
  • ○他者の心を感じ取り、相手の立場に立つことができる広い心を養う。
  • ○自分のなすべきことを、愛と強い意志を持って、進んで果たす行動力を培う。

ザベリオ学園高等学校の特色

三つの教育を柱に、生徒たちの成長を促進。

会津若松ザベリオ学園では「高い学力」「人間力」「心の教育」という三つの教育を柱として、生徒の学力はもちろん、精神面も含めた人間的な成長を促しています。

高い学力
充実した英語教育や豊富な授業時間の確保によって、それぞれが希望する進路をかなえるための確かな学力を身につけさせます。
人 間 力
多彩な行事や部活動に励み、幅広い視野やコミュニケーションスキルなど、生きていく上で欠かせない人間力を培います。
心の教育
カトリック教精神を基にした心の教育、総合学習の時間、読書の励行などによって的確な価値観をはぐくみ、精神面の成長を促します。
ザベリオ学園高等学校の特色イメージ図

ザベリオ学園5つの約束

1.質の高い授業
「生徒を魅了する授業」を提供するため、教師陣を強化しています。まるごと1日授業研究や大学入試問題にチャレンジするなど、厳しい研修を実施。年2回の生徒による授業評価、校長と教頭による教員評価を行ない、教員の目標管理を行なっています。
2.学力の向上
特進は週37単位+早朝勉強会+課外3時間、総進は週33単位の豊富な学習時間を設定。全生徒が英検を受験するほか、全国模試受験によって幅広い進路を視野に入れた指導を行なっています。また、新1年生には学習姿勢をつくる新入生合宿を導入しました。
3.部活動の奨励・振興
11の運動部と14の文化部、計25部が活動しています。特に、なぎなた部と演劇部は東北大会出場を果たすほどの実力です。指導者は国体経験者など優秀な人材を確保しています。男女共学化に伴い、硬式野球部やサッカー部など男子の部活動を新たに設置しました。
4.海外留学・海外研修
学園のプログラムとして海外留学と海外研修を推奨しています。海外留学は1年間の留学で36単位を認定するため、留年することなく進級が可能です。海外研修は2〜3週間の短期間で、年1回計画的に実施。「国際交流」科目として2単位を認定します。
5.楽しく安全な学園生活
“学力”と“人間形成”の土台をつくる「朝の読書」。これまでを振り返り、未来を考えさせる新入生合宿。カトリックの価値観に基づく人間教育「マリア祭」、「学園バザー」。表土除去による放射線対策のほか、全室にエアコンを完備するなど、学ぶ環境を整えています。
本校のパンフレットを電子化しました。
こちらからご覧いただけます。